”目覚め”、”おやつ”、”就寝”のシーンに合わせて楽しむ「ときのお茶」シリーズ発売

2017年07月27日 04:00


暮らしのシーンに合わせて選ぶ

日本茶の製茶、販売を手がける株式会社鈴和商店が運営する「茶屋すずわ」は、7月13日(木)より、一日のライフシーンに合わせて楽しむことができる「ときのお茶」シリーズの発売を開始した。

渋みや香りを調整したお茶

気持ちの良い一日を始められる”目覚め”の一杯に最適な「めざめのお茶」は、「大切な一日を爽やかな気分で始めてほしい」というコンセプトのもとブレンドした朝にぴったりのお茶。すっきりとした香りで、渋みと甘味のバランスがとれた静岡市の安倍川流域の煎茶と、香り高くほのかな渋みのある天竜産の煎茶と芽茶を使用。

おやつの時間を楽しくする「おやつのお茶」は、「お気に入りのおやつと共にリフレッシュする時間を過ごしてほしい」というコンセプトのもとブレンド。牧之原の深蒸し茶を使用。渋みが少なく、こくがあり、柔らかい飲み口で、甘味のあるおやつと相性のいいお茶となっている。

一日の終わりのリラックスタイムに最適な「おやすみのお茶」は、「がんばった一日の終わりに、くつろぎの時間を過ごしてほしい」というコンセプトのもとブレンドした焙じ茶。香り成分にリラックス効果があるといわれている焙じ茶は、カフェイン含有量が少なく就寝前にぴったり。牧之原・天竜産の茎茶を使用しており、まろやかで優しい香りが特徴だ。

各1,080円(税込)。茶葉タイプ、ティーバッグタイプの2種類から選ぶことができる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「ときのお茶」シリーズが7月13日に発売!
https://www.atpress.ne.jp/news/133482

茶屋すずわ
https://www.chaya-suzuwa.jp/

Copyright © 2013 健康食生活 All Rights Reserved.