井村屋 ロングセラー「ゆであずき」のカロリー半分カットに成功

2017年08月01日 07:00


健康志向を反映した糖質カット

井村屋株式会社はカロリー、糖質を抑えた「カロリーハーフゆであずき 煮あずき製法」を2017年8月17日に全国で発売する。

1962年に登場した「ゆであずき」は同社のロングセラー商品であるが、このたび、甘さやカロリーを控えた商品を要望する消費者の声を受け、“健康に配慮・寄与できるゆであずき”を企画した。

煮あずき製法で栄養成分を閉じ込め

「カロリーハーフゆであずき 煮あずき製法」は「ゆであずき」のカロリーを2分の1とした新商品である。

同商品は、農学博士の加藤淳氏と「煮あずき製法」を共同開発したことで、あずきの栄養成分を煮汁とともに流れ出ることなく閉じ込めた上に、糖質20%のカットを実現させたもの。

甘いものが食べたくても糖質が気になっていた人に向け、しっかりとしたあずきの風味とやさしい甘さを楽しめる同商品は、ヘルシーな和スイーツの素材としてぜんざいや手作りお菓子のトッピングなどに活用できる。

商品の内容量150グラムに対し、100グラムあたりのカロリーが98キロカロリー、食物繊維3.5グラム、ポリフェノール180ミリグラム、鉄分1.6ミリgの栄養成分を含む。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

井村屋株式会社 ニュースリリース
https://www.imuraya.co.jp/news/2017/details122/

Copyright © 2013 健康食生活 All Rights Reserved.