「凍眠」がスゴイ!栄養抜群のコールドプレスジュース発売開始

2017年08月21日 22:15


元Jリーグチームスタッフが着目した「凍眠」とは!?

株式会社Frozen Capsuleは19日、「凍眠」で液体凍結させたコールドプレスジュースの販売を、神奈川県横浜市都筑区のカフェ「hundred fruits」、ならびに同社ウェブサイトにて開始した。

「凍眠」は株式会社テクニカンの冷凍製法で、冷気の中に食品を入れてではなく、フローズン液の中に食品を入れて超急速に凍結するという、新たな冷凍製法だ。「凍眠」で凍結された食品は細胞が破壊されず、解凍後も生の食品と遜色ない鮮度・味を保てることが大きな特徴となっている。

これに目を付けたのが、Jリーグの横浜F・マリノスで20年間メディカルトレーナーを務めた経歴を持つ、Frozen Capsule代表の田中和寿氏だ。

アスリートのサポートなどを通じ、運動と食事がカギを握る「自律神経」「腸内環境」「呼吸」の重要性を実感した田中氏は、2016年にFrozen Capsuleを設立。この3つの要素を取り入れた商品として、このたびコールドプレスジュースを提供していく運びとなった。

原料の栄養価を失わない、こだわりの製法

Frozen Capsule発の第一弾商品として今回発売されたのは、「凍眠コールドプレスジュース」の「凍眠ファイトケミカルレインボー7」各種、季節限定商品の「スイカカプセル」と「メロンカプセル」。

いずれも、本場アメリカでシェアNO.1を誇るgoodnature社のコールドプレス機で原料を搾汁後、「凍眠」で急速凍結し、原料の栄養価をそのまま生かしたコールドプレスジュースとなっている。

目的別に選べる「凍眠ファイトケミカルレインボー7」

7種類の野菜や果物を用いたコールドプレスジュースの「凍眠ファイトケミカルレインボー7」は、通常では捨てられてしまう皮や種などに多く含まれ、抗酸化作用を持つ栄養素「ファイトケミカル」を、「凍眠」を採用することでうまく封じ込めた商品だ。

加えて飲みづらさの原因となる苦みやえぐみ、青臭さについても、「凍眠」によって同時にカットすることに成功。インナービューティーやリカバリー、アンチエイジング、デトックスと目的に合わせて選べる計4種類がラインナップされている。

季節限定商品は原料の組み合わせがポイント

また季節限定となる凍眠スイカジュースの「スイカカプセル」では、スイカにレモンをかけて食べるイタリアの食べ方を参考に、スイカにレモンやローズマリー、自然発酵乳酸菌などをブレンド。

スイカに含まれる天然のミネラルはもちろん、それを体に吸収しやすい形にするレモンのキレート作用、疲労回復効果などをうまく生かした商品だ。

同じく季節限定の凍眠メロンジュース「メロンカプセル」は、リラックス効果を有する天然アミノ酸のGABAに加え、豊富なカリウムを含むメロンを採用することで、ストレス軽減効果やむくみ・高血圧の改善が期待できる一品。

メロンと同じくカリウムと水分が豊富な冬瓜もブレンドされており、相乗効果で体温を下げる働きが促進され、暑い中での運動時の体調管理にもピッタリな商品となっている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社Frozen Capsule プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000027200.html

Copyright © 2013 健康食生活 All Rights Reserved.