バツイチ、幸せミセスモデルが提案するキャベツダイエット

2017年10月13日 19:00


内田みち代がキャベツダイエットを提案

ミセスモデル、料理研究家として活躍する内田みち代は、身体に良いものを腹8分目食べることを推奨。腸内環境を整えるキャベツダイエットを提案している。

内田みち代は、2017年10月10日、自身のオフィシャルブログの中で塩麹を使用した簡単コールスローレシピを紹介。キャベツ(1/8個)を繊維を断ちきるように細かく刻み、塩麹大さじ1、エゴマ油小さじ2、酢小さじ2と和えるだけで完成だ。内田は、美味しくて、健康に良いコールスローを、毎日の食事に1品付けることを勧めている。

エゴマ油は、身体に必要なオメガ3が摂取可能。エゴマ油がない場合は、オリーブオイルで代用することができる。玉ねぎが好きな人は、玉ねぎをプラスしても美味しい。

内田みち代のプロフィール

東京都出身の内田みち代は1971年6月12日生まれ。身長は161cm。事務所エースに所属する。料理研究家、紅茶コーディネーター、野菜ソムリエなどの肩書きをもつ。料理、早技クッキング、ゴルフを得意とし、ゴルフのベストスコアは69を誇る。

1999年にプロゴルファーと結婚。12年間の結婚生活を経て離婚。41歳のときに、実業家と再婚。食に関する知識が豊富で、会員制の料理教室を主宰している。

(画像は内田みち代 オフィシャルブログより)

▼外部リンク

内田みち代 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/20011119cookie/entry-12318298927.html

エース
http://www.the-as.com/category/model/#model

Copyright © 2013 健康食生活 All Rights Reserved.