旬の野菜をたっぷり使用!こころも健康になる「タニタカフェ」

2018年03月14日 23:00


「タニタカフェ」がオープン

健康総合企業のタニタが、健康的な食事を提供する「タニタ食堂」に続き、こころの健康づくりをコンセプトにした「タニタカフェ」を2018年5月下旬に有楽町にオープンさせる。「楽しさ」や「心地よさ」を取り入れ、「こころの健康づくり」に活かす。

メニュー開発については、楽天と提携。楽天の農業事業「Rakuten Ragri」に参画する生産者から直送された、旬の有機野菜をたっぷりと使用する。「Rakuten Ragri」の有機野菜は、無農薬、無化学肥料農法を徹底。「有機JAS認定」を取得している。

「タニタカフェ」の特徴

「タニタカフェ」では、オリジナルの「楽しくておいしいヘルシーメニュー」を開発。旬の有機野菜をふんだんに使用した「有機野菜ともち麦のサラダボウル」や「有機野菜と和だしの米麺(フォー)」、食感が楽しい噛むスムージー「カムージー」などを提供する。

タニタ食堂とは異なり、カロリーや塩分などの基準にはとらわれず、「おいしさ」と「楽しさ」を大切にする新業態となる。

ナチュラルデザインの店内は心地よさを追求。アロマやヒーリング効果のある音楽も取り入れ、落ち着いた、癒し空間を演出する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

タニタ
http://www.tanita.co.jp/press/detail/2018/0308/

Copyright © 2013 健康食生活 All Rights Reserved.