カリフラワーライスの海苔手巻きで糖質オフ「権八 NORI-TEMAKI 原宿」

2018年07月09日 15:00


酢飯の代わりに「カリフラワーライス」を使用

株式会社グローバルダイニングが運営する「権八 NORI-TEMAKI 原宿」では、酢飯の代わりに「カリフラワーライス」を使った海苔手巻きの販売を開始した。

寿司業態では、日本初の提供となる。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

海外では低糖質食材としてポピュラー

「権八 NORI-TEMAKI 原宿」は、ニューヨークなど海外で、すでに低糖質食材としてポピュラーな「カリフラワーライス」を権八独自に開発した。

プラス50円で、酢飯からカリフラワーライスへのチェンジが可能。ヴィーガンや糖質制限中の人でも、海苔手巻きを楽しめるようになった。

カリフラワー100gあたりの糖質は1.9gで、同量の白米の糖質35.8gに比べ、約20分の1となっている。ビタミンC、脂肪燃焼効果の高いビタミンB群、カリウム、食物繊維の含有量にも秀でている。

食感に歯ごたえがある上に、さっぱりしていて消化が良く、胃もたれもしにくいと、酢飯よりカリフラワーライスを好む人も多いと言う。

「権八 NORI-TEMAKI 原宿」の営業時間は、11時~23時(22時15分ラストオーダー)となっている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

権八 NORI-TEMAKI
https://gonpachi.global-dining.info/nori-temaki/harajuku/

Copyright © 2013 健康食生活 All Rights Reserved.