低カロリーとおいしさを両立。タニタ食堂監修デザートに『いちごプリン』が登場

2018年12月06日 01:00


素材のおいしさを引き出した新商品

2018年12月4日(火)、森永乳業株式会社と株式会社タニタのコラボレーションによって誕生した『タニタ食堂監修のデザート いちごプリン』が発売される。

やさしい甘みのいちごプリンに、さくらんぼのブランデー「キルシュ」をプラス。キルシュの香りが、いちごの味わいを引き出している1品。プリンの底には、いちごとラズベリーを合わせた甘酸っぱいソースが敷かれている。2019年頃までの期間限定販売。

1個(85g)当たりのカロリーは100kcal。希望小売価格は120円(税抜き)。コンビニエンスストアや量販店などで購入することができる。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

『タニタ食堂監修のデザート』シリーズ

『タニタ食堂監修のデザート』シリーズは、2011年3月から販売がスタート。おいしさと低カロリーを両立しているスイーツとして支持され続けている。

黒糖のコク深い味わいが特徴の『カスターとプリン』や、香り豊かなほうじ茶を使用した『ほうじ茶プリン 技ありソース』などのラインナップがある。

『タニタ食堂監修のデザート』シリーズは人工甘味料不使用。味にアクセントをつける食材を使用することで、おいしさや満足感を実現している。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

森永乳業株式会社
http://www.morinagamilk.co.jp/

『タニタ食堂監修のデザート』ブランドサイト
http://www.morinagamilk.co.jp/products/brand/tanita/

Copyright © 2013 健康食生活 All Rights Reserved.