ノルウェー政府もついに認めた!養殖サーモンに赤信号

2013年06月23日 20:00


妊婦、幼児、未成年は要注意

ノルウェー政府はこのほど、同国で養殖された鮭が人の健康に害を及ぼす可能性があることを認めた。

政府によると、汚染物質を多く含む養殖サーモンは、特に妊婦、幼児、未成年者に害を及ぼすことがあるという。

これまでに多くの専門家がノルウェーサーモンの危険性を指摘していたが、政府が訴えを認めたのは今回が初。ノルウェー紙VGが養殖鮭の危険性を告発する記事を掲載したことがきっかけとなった。

サーモンの売り上げは年間290億ドル

ノルウェーにあるベルゲンクリニック研究所につとめるAnne-Lise Bjorke Monsen教授は、

養殖サーモン内に確認された汚染物質は、脳の発達を遅らせる(Marie Claireより)

と述べ、妊娠中の女性や幼児に注意を呼びかけた。

また同教授によると、養殖された鮭が体の免疫システムやホルモンバランスにも悪影響を及ぼすことがわかっているため、成長途中の未成年者も極力避けるべきだという。

ノルウェーサーモンの売り上げは、年間290億ドル。世界シェア率はじつに60%で、特に欧州諸国では欠かせない食品だ。しかし、今回政府が養殖サーモンの危険性を認めたことで、ノルウェーが経済的打撃をうけるのは避けられない。

▼外部リンク

在ノルウェー大使館 公式サイト
http://www.no.emb-japan.go.jp/index_j.htm

ノルウェーサーモンは体に毒 Marie Claire
http://www.marieclaire.fr/,le-saumon-norvegien

Copyright © 2013 健康食生活 All Rights Reserved.