研究発表 「イリドイド含有飲料」の肥満予防効果とは

2015年05月07日 02:30


アメリカでの研究発表

「ノニ」の健康効果を世界で初めて実証した経歴を持つ、アメリカの研究主導型企業は、3月末に行われたアメリカ・コロラド州での科学発表会において、「イリドイドを含む飲料」の生活習慣病抑制効果に関する研究結果を発表している。

同企業の行った試験では、2グループに分けられた「成人肥満者」と認定される男女60名に対し、一方に6週間の低カロリーダイエットを、もう一方にそれに加えてイリドイド含有飲料120mlの摂取を毎日してもらった。

肥満予防に新たな光明

そうして6週間後に「AGE(終末糖化産物)値・体脂肪率・基礎代謝量・動脈硬化指数」といった各種の値を測定したところによると、イリドイド含有飲料の引用を継続したグループの方がAGE値の改善率をはじめ、体脂肪率・基礎代謝量・動脈硬化指標のいずれでも、イリドイド含有飲料を用いなかった群と比べて改善値が大きいことが判明した。

合わせてAGEを作りだす元の成分といわれるメチルグリオキサールをイリドイドの摂取によって阻害できることも、別に行われた試験管実験で判明しており、肥満予防という観点では、AGEの蓄積を防げるイリドイドの有用性が実証されたものとなっている。

本研究は、先行研究(試験管試験およびラットによる生体内試験)で示されたノニ含有飲料の抗糖化作用、2014年に未病システム学会で発表した疫学調査「ノニ含有飲料がAGE値を下げる」などの研究を補強する結果となりました。
(プレスリリースより)

(画像はHPより)

▼外部リンク

プレスリリース(アットプレス)
http://www.atpress.ne.jp/view/61157

Copyright © 2013 健康食生活 All Rights Reserved.